虹の橋で

この世と天を繋ぐ橋があります。
それは多くの色合いから『虹の橋』と呼ばれています。

誰かに愛されていた動物達が死ぬと、そこへ行くのです。
そこには動物達の牧草地や丘があります。
彼らはみんなでそこで、走り回り遊ぶことができます。
たくさんの食物と水があり、ふりそそぐ日差しがあります。
みんな暖かく、幸せです。
病気だったものや年老いたり、怪我をしたり、
からだが不自由だったものも、
みな元のからだを取り戻すのです
ちょうど私たちが、過ぎ去った日々を夢の中で思い出すように、
動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

だけど、彼らの中には様子の違うものがいます。
彼らは打ちのめされ、飢えて、苦しめられ、
誰にも愛されなかったのです。
仲間達が、1匹、また1匹と、最愛の人と再会し、
『虹の橋』を渡って行くのを
羨ましそうに見詰めています。
彼らには、特別な人などいないのです。
生きている間、そんな人は現れなかったのです。

しかし、ある日、走り回って遊んでいると、
橋に続く道端に誰かがたたずんでいる事に気付きます。
この人は、羨ましそうにみんなの再会を眺めています。
というのは、この人は生きている間動物達と
暮らした事がなかったからです。
この人は打ちのめされ、飢えて、苦しめられ、
誰にも愛されませんでした。

一人たたずむ彼に愛された事のない動物が近付いてきます。
何故一人なのか、不思議に思って。
そうして、愛された事のないもの同士が近付くと
奇跡が生まれるのです。
というのは、かれらは一緒になるべくして、
生まれたからでした。
生きている間に巡り合えなかった、特別な誰かと、
最愛の友として。
今遂に、『虹の橋』のたもとで、彼らの魂は巡り合い、
苦痛や悲しみは消え、彼らは一緒になるのです。
彼らは『虹の橋』を渡ります。
そして二度と離れることはないです。

--- 原作者不詳---


ぱせり訳

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。