我家のにゃん'ず紹介

ck.jpg


大きいほうは「こも」小さいほうは「きいすけ」といいます。
一見、親子か兄弟のようですがどちらも拾い猫さんです。
こもは2002年9月に、きいすけは2005年10月に娘がホイホイと拾ってきてしまいました。

こもはまだ目もハッキリと見えず、まともに歩くことさえできませんでした。
え〜〜〜っ、こんな小さい子、死んでしまいそうやんかぁ。。。

まずこう思いましたね。
哺乳瓶でミルクを飲ませてもすぐにむせるし、排せつなんてさせたことないから時間かかるし。
夜中にミルクで起こされるのを覚悟していたんですが、朝まで鳴くこともなく。

あ、死んじゃってるな。これは…

恐る恐る覗いたら『ンミャァ〜』と元気な声!嬉しかったですねぇ。
この日からこもと私の蜜月が始まりました。

きいすけは昨年一人暮らしをはじめた娘が拾ってうちに連れてきたんです。
大体生後1か月くらいだったでしょうか。
こもと違って、もうカリカリを食べてました。

そうそう、爪がきれいに切りそろえてあったんです。
きっと飼い猫が赤ちゃんを産んで飼いきれなくなったんでしょうね。
いきなりお母さん猫や兄弟猫と引き離されて。。。可哀相に。

どちらもとってもお利口さんです。
我家にはこの子達の他に、先住犬が4人おります。みんなとも仲良しです。

なんで捨てたりするんでしょう。
小さくても命あるものなのにね。
子どもが産まれて困るなら、ちゃんと避妊・去勢手術を受けさせるべきです。

今、うちのにゃん'ずは毎日元気に過ごしていますよ〜。
ふたりでお母さんのストーカーをしながら。ね。(笑)

              
banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪



               「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。