猫の病気・下部尿路症候群(FLUTD)

尿道に結石がたまったり、膀胱を傷つけたりする病気で、には比較的多くみられる病気です。

は体内で水分を再利用できるので、あまり水を飲まない子がいます。
そのため他の動物に比べると尿が濃縮されやすく、結石ができやすいと言われています。
オシッコに行く回数は多いにのどうも量が少ない、出にくそう。
そんな時は気をつけてください。
特に雄は重篤な状態に陥ってしまうことがあります。
の尿道は細長く、先端は一層細くなっているので結石が詰まりやすくなっています。
尿道が詰まって尿が出なくなると尿毒症を発症して命に関わることになります。

下部尿路症候群は腎臓そのものが悪くなっているのではないので、治療を施せばよくなります。
治療としては薬と療法食で尿中の結石を溶かし、尿のPHを正常値に戻すことです。
一旦正常値に戻ってもまた繰り返すことがありますので、食事には気をつけましょう。
新鮮な飲み水をいつでも飲めるようにしておくことも大切です。

nekoline.gif

【今日の小春】15日目
06-11-05.jpg
キャットタワーにガシガシとよじ登れるようになりました。
犬にだってジャレついていますし、落ちている物がなんでもオモチャになってしまうので目が離せません。
今はペットボトルのフタがお気に入り。
小春の足にはバネが付いているのかと思うくらいピョンピョン跳ね回ります。こももきいすけもただボーゼンとするばかり…
体重:560g

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪

「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ


猫の病気・猫免疫不全ウィルス感染症(FIV)

原因としては感染しているとのケンカによる噛み傷から唾液を介して感染します。
同居同士のグルーミングや母が子をグルーミングすることによる感染はごくまれだそうです。

・症状
初期にはほとんど症状がでません。感染したがほかの病気で受診し検査することで分かることが多いそうです。感染してしばらくの間は軽い下痢やリンパ腺の腫れ、細菌感染などを繰り返します。
その後、口内炎や口中の潰瘍、目やに、鼻水、発熱、下痢などを伴う慢性的な病気が進行します。
末期になると人エイズとよく似た症状が現れることから、エイズとも呼ばれています。
感染しても発症しない(無症状キャリア)もいれば、1年ほどで癌が頻発するようになるもいます。キャリアのまま長生きするもいるそうです。

・治療
まだ日本ではワクチはありません。
キャリアでも無症状なら治療は必要ありませんが、発症すれば症状に応じた治療をするしかありません。
インターフェロンによる治療で免疫力を高めることも有効です。
アロマテープを首に巻いて痛みを軽減し、リラックスさせたり食欲を増進させて免疫力を高めることもあるそうです。

とケンカをしたりしないように室内飼いにするのが一番ですね。
もし感染してしまったら必ず室内飼いにしましょう。ケンカなどでケガをすれば治りにくく、免疫力が低下しているために外の病気にもかかりやすくなっています。
信頼できるホームドクターを見つけておいてください。

アロマテープは獣医さんで買えます。
通販なら楽天でも買えますよ。
ユキ アニマルフード


アロマテープは猫免疫不全ウィルス感染症の他、化学的治療の副作用やストレス、老化現象など、積極的な治療がほどこせない場合にもいいそうです。

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪

「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ


猫の病気・ノミによる皮膚炎

ノミにさされて強い痒みが生じ、そこを噛んだり、掻いたりします。
そうしてその部分に脱毛や炎症が生じます。
特に腰、しっぽの付け根におこります。

ノミを駆除したり、寄生しないようにします。
ノミが血を吸うことでおこるのですが、ノミの唾液が体内に入ってアレルギー反応を起こす場合もあります。
この場合は抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を用います。
細菌による2次感染がある場合は抗生剤が必要です。

             

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪



               「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ

猫の病気・日光過敏症

白猫ちゃんに多いそうです。
頭、特に耳や目、口のまわりによくできます。
毛が抜けて、その部分の皮膚ががただれたようになり腫瘍ができます。

紫外線を避けなければいけないのですが、がまったく紫外線を浴びない、お外に出ないというのは難しいですよね。
飼い主さんが室内や日陰でもリラックスして過ごせるように工夫してあげましょう。

以前、獣医さんでこの病気の<ちゃんと会ったことがありますが、痛々しくて可哀相でした。
お庭に小さな小屋を建てて日中はそこで過ごさせてあげてるのよ、とおっしゃっていました。
遊ぶ場所、眠る場所、ご飯を食べる場所、というようににも気分転換が必要なんでしょうね。
自力ではどうしようもない病気なので、飼い主さんの愛情だけが頼りです。

              

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪



               「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ

猫の病気・熱中症

もかかるんですよぉ〜、熱中症!

・原因
  夏、直射日光の当たる部屋でのお留守番や、お買い物の
  間だけって軽い気持ちで車の中に置いていっちゃうこと、
  狭いケージに閉じ込められたストレスなど

・症状
  呼吸が困難になります。
  口を開けて苦しそうにあえぎます。

・対処法
  まず体温を下げることです。
  すぐに涼しい場所に移します。そして冷たいタオルなどで
  身体を包んであげましょう。
  これで様子を見て落ち着くようなら大丈夫ですが、体温が
  下がらない、他にも異常がみられるような場合にはすぐに
  内科的な処置を受けてください。

ちょっとだけだから、って油断しないでくださいね。
の身体って小さいでしょ?
体温なんてすぐに上がっちゃいますから。
遊び好きなは神出鬼没。いないと思って部屋のドアを閉めても中に閉じ込めてしまうことだってあります。

夏のお留守番は特に気をつけてあげましょうね。

0
0ヒ〜ンヤリ気持ちいいのにゃ〜♪


               

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪



               「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。