猫の種類・スコティッシュ フォールド

スコットランドの農場で見つけられた、突然変異の折れた耳を持つから始まった種類なんだそうです。
全体的に丸みがあり、丸い顔にちょこんと折れた耳がのっかっているみたいですよね。カワイイ。(笑)

1961年にスコットランドの農場で生まれたメスは前向きに折れた不思議な耳をしていました。その子は発見したご夫妻によって『スージー』と名付けられたそうです。
普通の耳をもつと交配して数を増やしていったのですが、近親交配の奇形であることを理由に公認されませんでした。
イギリスでは公認されなかったものの、アメリカのブリーダーによって繁殖計画がなされます。アメリカン ショートヘアとの交配によって健康な骨格のスコティッシュ フォールドが繁殖すると愛好者も増え、1978年にCFAによって公認されました。

短毛種と長毛種がいて、優しく穏やかな性格です。
耳が折れていて可愛い顔をしていることが特徴ですが、後ろ足の関節に異常がみられることがあるそうです。しっぽが長く柔軟であることが大切です。


banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪




               「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ

猫の種類 アメリカン ショートヘア

猫の種類のご紹介(1)です。

猫の種類って思っている以上にありますよね。ナマでは見たことがないようなのもいます。

これからご紹介していくのは、ごく一般的に知られているを載せていくことにします。

まずはよく見かけるこの子から…

『アメリカン ショートヘア』
・短毛種
・原産国:アメリカ
・毛色:単色、複合色、縞柄などいろいろ

がっしりした身体に丸く大きめの頭。ふっくらした顔は表情がやさしくて大きな目が特徴。性格は温厚で飼いやすいです。

300年ほど前、ヨーロッパからアメリカ大陸に犬やなどのペットを連れた人々が渡ってきました。開拓地を拡大する時に猫達は荒野のネズミやヘビを退治するのに活躍し、家族同様に大切にされ家猫として定着しました。そのの中からたくましくて性格がよく、姿の美しい達が選び抜かれてアメリカン ショートヘアのもととなりました。
ワーキング キャットと呼ばれているのもこのためですね。

毛は短くて密生して少し固めです。寒さや怪我を防ぐのに適しています。
アメリカン ショートヘアというとシルバーの縞模様を思い浮かべますが、毛色は認められているもので70種以上もあるそうです。

               

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪



               「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。