ワクチンで予防できる伝染病

【猫ウイルス性鼻気管炎】
ヘルペスウイルスによって感染します。
キャリア猫のクシャミ、鼻水、目ヤニ、よだれ、排泄物からの接触感染。
風邪のような症状(咳、くしゃみ、目やに、発熱、食欲不振など)が出て重症になりやすく、角膜炎、結膜炎をおこします。
二次感染にとって肺炎を併発することもあります。
特に子猫は病気の進行が早く、死亡することがあり危険性の高い伝染病です。

【猫カリシウイルス感染症】
カリシウイルスが原因で起こる伝染病で、キャリアから感染します。
クシャミ、鼻水、発熱など風邪のような症状がみられます。
症状が進むと舌や口の周りに水疱や潰瘍がみられるようになり、痛みで食べられなくなり衰弱すると感染症を引き起こしてしまい死亡することもあります。

【猫汎白血球減少症】
パルボウイスルが原因で起こる伝染性の胃腸炎で、感染力が強く死亡率の高い伝染病です。
キャリアとの接触や、便・尿や吐物で汚染されたものとの接触でも感染します。
ウイルスはの体の外に出ても長時間生きているので、人間の衣服や靴などからの間接感染もあるので、完全室内飼いの場合でも感染の可能性があります。
経過が早く、子が感染した場合は非常に死亡率が高くなっています。
感染すると血液中の白血球が異常に減少し、食欲不振、高熱、嘔吐、下痢による脱水、元気がなくなります。

【猫白血病ウイルス感染症】
キャリアの唾液、涙、尿、便、血液、乳汁に含まれるウイルスや、ケンカなど咬み傷、グルーミングや食器共有、感染した母などからの感染が多いです。
名前の通り白血病になることがありますが、多くは白血病を起こさずに免疫力を低下させ様々な臓器に障害を起こします。
腫瘍、流産、腎臓疾患、血液疾患、口内炎など様々な病気の原因になり、免疫力が低下します。
症状は、食欲不振、体重減少、貧血、下痢、発熱、脱水、鼻水、口内炎、などで、免疫力が低下しますので、病気が治りにくくなってしまいます。

【クラミジア感染症】
ネコクラミジアによって感染します。
キャリアとの接触により、この菌が口、鼻、目より侵入し感染します。
主な症状は粘着性の目ヤニを伴う慢性持続性の結膜炎で、通常は片方の眼の炎症から始まります。
鼻水、クシャミ、咳がみられ、気管支炎や肺炎などを併発し、重症になった場合には死亡してしまうこともあります。
多頭飼いの場合は一匹が感染すると、全員にかかる可能性があります。

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪

「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ





この記事へのコメント
はじめまして、こんにちわ!
相互リンクのご挨拶に伺いました。
今後ともよろしくお願いします
お互い頑張りましょう
応援クリックして戻ります
Posted by 競馬で小遣い稼ぎ!プロ顔負けの競馬予想でリーマン脱出を目指すブログ at 2007年01月18日 17:12
はじめまして
特進会員の「やまめ」と申します
相互リンクのお礼とご挨拶です
今後とも宜しくお願いします。
Posted by やまめ at 2007年01月19日 14:45
いつもありがとうございます。

今度、特進相互リンクに参加しました。
楽しく運営していきますね。
特進仲間として仲良くしてください。

あいさつのみですいませんが、
今後ともよろしくお願いします。
Posted by コントレックスの効果や飲み方ブログ at 2007年01月21日 22:35
はじめまして!「妊娠 兆候@とことん集めました」の4loveと申します。

特進の相互リンクからリンクを張らせていただきました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
Posted by 4love at 2007年01月21日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。