ワクチン接種の必要性

に多いのが伝染病です。
特に子や高齢は抵抗力がないため感染しやすく、また症状が重くなりやすくなり命を落とすことも少なくありません。
この伝染病には現在のところ有効な治療薬はなく、ワクチンを接種する以外に有効な対策がありません。
ワクチンの目的は病気の予防にありますので、健康で元気なが病気にならないために接種します。
また、感染すると自分のだけでなく、他のへの感染源となってしまいます。
ワクチンを接種しておけば、ウイルスを体外にまきちらしたり、自分で病気を繰り返したりすることが防げます。

室内飼いのちゃんにもワクチンは必要です。
感染力の強いウィルスは人の服や靴にくっついて運ばれてきますし、ベランダやお庭に出ることで感染してしまう可能性もあります。

でも、ワクチンで100%予防できるわけではありません。
そのが持つ免疫力によっても違いますが、ワクチン接種により症状が出るのを抑え、感染しても軽症ですみ、命を落とすことが防げるというものです。

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪

「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/31566275

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。