猫の身体・鼻

の鼻は冷たくてしっとりと湿っています。
これは起きている時だけで、眠っている時や眠い時、寝起きなどには乾いています。
起きて活動している時には、鼻の内側にある腺細胞から分泌される液体が鼻の外側にまであがってきているからです。眠っている時などには分泌量が低下します。
この腺細胞から分泌される液体はニオイを嗅ぎ取るためにとても必要なものです。

の嗅覚は人の数万倍とも数十万倍ともいわれています。
味覚がそんなによくないためにニオイで食べ物のに関する判断をします。

病気などで嗅覚に障害がでると食欲も落ちてきます。いつも食べているものでさえ食べなくなります。
嗅覚が鈍くなるということは猫にとって命にもかかわることになります。
ニオイで判断できなくなってしまうからで、鼻炎や熱、ケガには気をつけてあげましょう。

口の中にはヤコブソン器官という特定のニオイを感知するものがあります。フェロモンなどのニオイに対してフレーメンという反応を示します。(口を半開きにして小刻みに震わせ笑ったような表情になる)
キャットニップ、キウイフルーツ、またたびなどの植物にも反応します。

が飼い主の足や家の中のものに身体をスリスリするのは自分のニオイをつけているのです。
人間には嗅ぎ分けることはできませんが、は自分のニオイがあれば安心します。
同士が会った時にスリスリし合うなら仲良し、次に出会った時にもニオイで仲間だとわかります。
自分のテリトリーに他所のが侵入したとか、それは敵か味方か、自分よりも上位か下位かなどの情報をニオイから収集することができます。

の鼻にも人間の指紋のようにそれぞれ違った模様があります。形も種類などによって違うそうですよ。
比べてみると面白いかも、ですね。
うちのこもは身体のわりに小さくて綺麗な形をしています。
が。
きいすけは「団子鼻」で愛嬌があります。(笑)
 06-09-14_12-05.jpg    06-09-14_12-44.jpg

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪

「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ


この記事へのコメント
どうも〜!!善子です。なるほど☆猫ってそうなんですね。私も、猫2匹飼っています。タマ、クロって言います。いろいろ猫のことを知りたいので、また遊びに来ますね。
Posted by 善子 at 2006年09月19日 20:10
こんばんは、はじめまして。
特進リンクでお世話になります。”中古車の選、買、売を教えます”の亀です。リンクを張らして戴いたご挨拶に参りました。

猫も人と一緒でそれぞれに鼻にも特徴があるんですね。写真を見るまでどの猫も鼻は違わないと思っていました。いやぁぁ・・違うんですねぇ・・・。

 これからもどうかよろしくお願いします。

  応援します!!ぽちっ!!
Posted by at 2006年09月20日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23736680

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。