猫の食餌・猫に必要な栄養素

に必要な栄養素は人間や犬などとは大きく違ってます。
手作りご飯に挑戦してみようと思っている方、参考にしてみてくださいね。

・タンパク質 
肉食である猫にはとても大事な栄養素です。
タンパク成分の低い食餌では皮膚、皮毛、筋肉などの状態が悪くなり、免疫力も低下してしまいます。
体内で合成できるものもあればできないものもあります。体内で合成できないものは食物として摂取しなければいけません。
タウリンは猫には欠かせないもの(眼や心臓の健康のために)ですが体内で合成できません。また不妊症や死産の原因にもなります。
フードの成分表を必ず確かめてください。

・脂肪
の食餌は高タンパク高脂肪です。
は品減が炭水化物からエネルギーを作るのではなく、タンパク質や脂肪からエネルギーを作り出します。
そのため、良質な動物性の脂肪分を与えるようにしてください。

・ビタミン
は肉食獣なので野菜は必要ありません。もともと腸が短く草などは消化できないのです。
そのため野生では草食獣の胃で消化された状態の草からビタミンを摂取していました。家では新鮮な草食獣の死体(!)は手に入りませんので、柔らかく工夫して野菜もあげてください。
水溶性ビタミン(BやC)は多少摂りすぎても大丈夫ですが、脂溶性ビタミン(AやD)は余ったものを排出できないので気をつけてください。
ビタミンAも皮膚や眼にとって大事です。でもいくらカロテンを含んだ野菜を食べさせても、人間のように体内でカロテンからビタミンAを合成できません。
お刺身など生魚は与えないでください。
生魚にはビタミンB1を壊してしまう酵素がたくさん含まれていますので、ビタミンB1が不足します。
っていうとお魚ならOKって思いがちですが気をつけましょう。

・炭水化物
基本的には必要ではありませんが、カロリーを補うには便利です。お腹にも優しいので良質なものを与えましょう。
玄米など精製されていないもののほうがいいそうです。

・カロリー
は体重1kgに対して80kcalが必要です。(体重3kgなら240kcal)
授乳期の母、子はこの3〜4倍を必要とします。
室内飼いであまり運動しない子なら1kgに対して70kcalとなっています。

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪

「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ


この記事へのコメント
こもままさん、こんにちは! はじめまして♪
ボンクラOL桃子といいますm(o・ω・o)m
バストアップのブログをはじめたばかりのひよっこです。
桃子、モモ、桃太郎(!?)、お好きに呼んでやってください!

今日は、遅くなりましたが
相互リンクのご挨拶に参上しました☆
まだまだ拙いブログですが、これからもよろしくお願いします!

実は私も猫が大好きなんです☆
諸事情で実際に飼ったことはありませんが。。。
いつか飼うときはちゃんとかわいがってあげたいですね〜。

ではでは、また遊びに来ますね♪
応援クリック!3・・・2・・1・(。・ω・)σ【応援】ぽち
Posted by ボンクラOL桃子 at 2006年09月01日 09:45
はじめまして!
「目標!月額収入10万円!〜子育て母さん在宅ワーク〜」の@ぴぃちゃんと申します。
相互リンクさせていただきありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!!
Posted by @ぴぃちゃん at 2006年09月01日 14:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。