拾った子猫の育て方2

★どんな場合でも、まずは獣医さんに行きましょう。

拾った赤ちゃんが身体をくねらせるように動かしたり、ミャーミャー鳴くことができるようならば水分を与えてみます。
この時、間違っても水道水をそのまま、なんてことのないように!
できればミネラルウォーターにお砂糖を少し混ぜて、人肌より少し高めに温めてください。(の体温は38℃前後あります)
冷たいもの、熱いものは厳禁です!
この間も必ず身体を温め続けてあげてください。
お皿から直接は飲めませんので、哺乳瓶を買うまではスポイドで代用できます。

赤ちゃんが落ち着いたら獣医さんに連れて行きます。
健康状態のチェック、病気の有無、お腹に寄生虫がいたりノミがついている場合は駆除してもらいます。

獣医さんですぐに必要なもの、ミルク、哺乳瓶などは買うことができますので相談してくださいね。

脱水症状をおこしている赤ちゃんは獣医さんの指示を仰いでください。
詳しい説明や注意事項を教えていただけます。

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪



               「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ

この記事へのコメント
こもままさん
ブログ直ってよかったですね。
宮崎のはまです。
コメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 宮崎のはま at 2006年08月18日 21:48
宮崎のはまさん
ご訪問、コメントありがとうございます。
先日はフォーラムでお世話になりました。
おかげさまでなんとか元に戻す事ができホッとしました。
頼りないこもままですが、これからも頑張りますのでよろしくお願いします!
Posted by こもまま at 2006年08月18日 22:13
 初めましてこもまま様。相互リンクしていただき有難うございます。本来なら私が挨拶に伺うところスミマセン。
 いやー猫の記事が沢山で、参りました。

実はお盆前に福島に仕事に行き、そこで子猫を2匹拾ってきました。機会があったら画像をお見せします。はっきり言ってカワイイです(笑)。

 それでは、これからもよろしくお願いします。
Posted by リストラリーマンしゅういち at 2006年08月19日 00:40
リストラリーマンしゅういちさん
ご訪問、コメントどうもありがとうございます。
猫ちゃん、元気ですか?
小さな命が消えなかったこと、とても嬉しいです。
画像、ぜひ見せてくださいね^^
Posted by こもまま at 2006年08月20日 12:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22470801

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。