猫の病気・日光過敏症

白猫ちゃんに多いそうです。
頭、特に耳や目、口のまわりによくできます。
毛が抜けて、その部分の皮膚ががただれたようになり腫瘍ができます。

紫外線を避けなければいけないのですが、がまったく紫外線を浴びない、お外に出ないというのは難しいですよね。
飼い主さんが室内や日陰でもリラックスして過ごせるように工夫してあげましょう。

以前、獣医さんでこの病気の<ちゃんと会ったことがありますが、痛々しくて可哀相でした。
お庭に小さな小屋を建てて日中はそこで過ごさせてあげてるのよ、とおっしゃっていました。
遊ぶ場所、眠る場所、ご飯を食べる場所、というようににも気分転換が必要なんでしょうね。
自力ではどうしようもない病気なので、飼い主さんの愛情だけが頼りです。

              

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪



               「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21999400

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。