猫が食べてはいけないもの

日常生活の中には、達にとって危険なことがいっぱいあります。
たとえば食事中におねだりされて、人間の食べ物をちょっとおすそ分けなんてこともありますよね。
でもそれは猫にとっては良くないことなんです。
人が普通に食べているものでも、には命にかかわるものもあるのです。

そんな危険な食べ物をチェックしてみました。

猫が食べてはいけないもの

 ねぎ類…たまねぎ、ねぎ、ニラ、にんにくなど
      ねぎの成分が血中のヘモグロビンを変化させ
      赤血球を破壊してしまいます。貧血、血尿
      黄疸などをおこします。
      ねぎの毒性は加熱しても消えないので注意
      しましょう。うっかりハンバーグを与えたり
      しないようにね。

・カフェインを含むもの…チョコレート、コーヒー、お茶
            コーラなど
      「テオグロシン」という成分が嘔吐、下痢、
      尿失禁、痙攣・癲癇発作の原因になります。
      特にチョコレートは中枢神経を刺激し、大量に
      食べると死んでしまいます。

・魚介類…生魚、エビ、イカ、タコ、カニ、アワビ
      生魚には寄生虫がいることがありますし、
      ビタミンB1を分解する酵素が含まれている
      ことがあります。
      アワビなど貝類が食べた海藻が分解してできる
      毒素が皮膚病などを引き起こします。

・牛乳…牛乳、乳製品
      牛乳の成分である乳糖の分解酵素である
      ラクターゼが充分ありません。
      個体差はありますが、下痢をしてしまいます。
      猫用のミルクを与えましょう。

・生卵  生卵中の卵白はビタミンBを壊すアビジンが含まれ
     ているため、ビタミンのバランスを崩します。
     またサルモネラ菌などのバクテリアも含んで
     いる可能性もあります。

・ドッグフード
     猫に必要なタウリンが含まれていません。
     タウリンは心臓や眼の健康に不可欠です。

・古くなったフード
     言うまでもなく腐っているかもしれません。
     油分が酸化していて下痢を起こします。

・人の食べ物
     必要な栄養素が違っています。塩分もきつすぎて
     腎臓や心臓に負担がかかります。


可愛いからなんでも与えるのではなく、可愛いからこそ与えるものをきちんと選びましょう。
長生きして欲しいですもんね♪
     
               

banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ
asiato1.gifポチッと押してくれたらうれしいにゃ♪



               「猫の動物学」な〜んちゃって猫ブログ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。