虹の橋

天の直ぐ近くに『虹の橋』と呼ばれる場所があります。
誰かに愛されていた動物達が死ぬと、そこへ行くのです。
そこには動物達の牧草地や丘があります。

彼らはみんなでそこで、走り回り遊ぶことができます。
たくさんの食物と水があり、ふりそそぐ日差しがあります。
みんな暖かく、幸せです。
病気だったものや年老いたり、怪我をしたり、
からだが不自由だったものも、
みな元のからだを取り戻すのです 。
ちょうど私たちが、過ぎ去った日々を夢の中で思い出すように、
みんな満たされて幸せです。ただひとつの事を除いて。
それは、自分を愛してくれた人を、残して来てしまった寂しさ、
あなたがここにいない寂しさです。
動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でもある日、そのなかの1匹が、急に立ち止まり、
遠くを見詰めます。
彼の瞳は輝き、そのからだは、喜びに震えはじめます。

急に、彼はみんなから離れ、緑の草の上を、走り出します。
速く、それは速く、風のように・・・・
あなたを見付けたのです。
あなたと彼は再び逢えた事を喜び、二人は固く抱き合うのです。
もう、二度と離れる事はありません。
喜びのキスがあなたの顔にふりそそぎ、
あなたの手は再び最愛の友を優しく撫でるのです。
そしてあなたは、信頼する友の瞳をもう一度のぞきこむのです。
あなたの人生から、長く失われていても、
その心から片時も消えなかったその瞳を。
そして、あなたと、最愛の友は、
一緒に『虹の橋』を渡って行くのです。

*原作者不詳*

ぱせり訳

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21922848

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。